未分類

すぐ弁護士に依頼を

人はどうしても、楽な方向に物事を持っていきたくなります。それが自分にとって少しだけデメリットとなる場合であっても、楽な道を選んでしまうことがあります。交通事故においても、軽微な事故であれば警察を呼ばずにその場で済ませてしまおうとすることがあるかもしれません。時と場合がありますから、全ての場合においてそのような正当な手段が取れるという訳ではないかもしれません。

しかし、一度決めてしまったことが覆しにくいのもこの社会の特徴であり、それにはやはり示談の決定があります。示談を成立させるときは、たいてい示談書を作ります。口約束だと反故にされることもあるので、そうします。そのようにして完成した示談書は、法律上正式な書類として扱われ、証拠となります。ということは、簡単には覆せないということです。それを両者が認めているのであれば、通常は双方の合意のもとその示談書を破棄しなければなりません。片方の勝手な判断で破棄にすることは基本的にできないのです。

こういった面でトラブルが発生した時には、やはり弁護士に相談することがより良い方法である、と言えます。それには、示談書の作成、それに賠償金請求なども含まれています。

未分類

事故時の正しい判断を

事故が発生すると、いわゆる損害を与えた側は、損害を被った側に対して賠償を負う責任があります。例えば車の修理代がそれに当たります。ここでもやはり示談に持ち込まれてしまうこともありますが、断固として対応するべきです。

物損だけであればまだ良いですが、人身事故となってしまった場合、より多くの賠償問題が発生します。事故によって後遺障害を負ってしまうこともあります。その場合、より重大な責任問題となるでしょう。被害者側は、正当な賠償を求めるために、弁護士に依頼して保険会社と交渉してもらったりするなどの対応をします。それは、より多くの正当な賠償を受けるために必要な事です

事故に遭うなど、とっさの出来事が起こってしまった場合、正しい判断能力が失われることがあります。そこで、間違った行動を取ってしまえば取り返しの付かない事態になることがあります。本人が怪我していると意識していなくても、本当は後遺症を負っていることが後になって気付くこともあります。

事故における後遺症は等級によって分けられますがたとえ多くの賠償を受けられるとしても生活において介護が必要になる場合もあります。ただ、いくら判断能力が低下している状況だとしても、警察への連絡は必ず行うようにして下さい。加害者側に示談を提案されても決っしてのらないようにしましょう。そして、弁護士に示談の依頼をすることで相応の賠償金を求めることが出来ます。

参考サイト-示談解決の流れ【交通事故被害者救済サイト】